性感染症に効果の高いジスロマックとジスロマックSRについてご紹介します。ジスロマックSRは錠剤タイプのジスロマックの適応菌種に淋病がさらに追加された成人用ドライシロップです。

ジスロマックと食事と見分け方について

ジスロマックは普通の感染症と、性器クラミジアのときとでは、飲み方の違いがあります。感染症などの見分け方は素人にはわかりませんから、医療機関を必ず受診しましょう。性器クラミジアかどうかの見分け方も、病院を受診することです。自分でできる見分け方としては、自宅で使える性病検査キットを利用する方法もあります。

ジスロマックは食事からの影響を、とても受けやすいお薬です。食事のあとに服用をすると、副作用で下痢などが起こりやすくなります。服用をする時には食事でお腹が満たされた時ではなく、食感の空腹時が良いタイミングになります。食事の時間とは、2時間は時間をあけることです。医薬品の服用を1回すれば、そこから1週間は効果が続きます。医薬品の服用をしたら、だいたいは3日から4日経過するころには、症状は落ち着いてきます。もしも効果が感じられないとか、症状が悪くなったりしたら、病院を早めに受診することです。もしかしたら、その医薬品が合わないかもしれないためです。

性器クラミジアに感染をした時には、ジスロマックは1日に1回だけ、4錠を飲むようにします。配合成分のアジスロマイシンが250mgで、これを4錠ですからトータルで、1000mgの量を服用することになります。ですが500mg錠剤の医薬品であれば、服用は2錠で大丈夫です。3日間の間継続して、毎日のように4錠を飲むことはないですから、飲み方には注意をしましょう。

ジスロマックの服用をする時には、アルコール飲料を飲まないようにします。医薬品とアルコールによって、副作用が出ることがあります。ジスロマックの医薬品を飲む時には、ぬるま湯とか、シンプルな水で飲むことです。